同窓会 活動報告

同窓会 新体制にて70周年記念行事の準備が始まりました

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校同窓会会員の皆様へ

皆様、お変わりなくお過ごしのことと存じます。同窓会では、昨年野平一郎先生が会長就任以来、芸高運営及び芸高70周年記念行事について検討を重ねております。

コロナ禍ゆえ、皆様とお会いする総会も開催できず歯がゆいばかりです。このような状況で同窓会は以下のように活動しています。

1.名簿の整理および運営の検討
現在、名簿は正式に株式会社サラトに依頼して作成しております。
毎年の総会案内もこちらに発注しておりますが、
会員の増加により、郵送費が運営費を圧迫する状況になっております。
また即時性を高めるうえでもメールに移行する方向にて整備を始めております。

2.70周年記念行事の立案
あと2年後に控えました周年行事の用意を始めました。
今回は以下のカテゴリーに分け、それぞれが委員会を持ち活動をする予定です。
  1.オーケストラ部門 奏楽堂予定    既存ののオーケストラ作品の上演
  2.邦楽部門     奏楽堂予定    既存作品の上演
                      部門別に本格的な仕様で行う予定
  3.作曲及びピアノ  芸高ホール予定  新曲2台ピアノ(4手から12手上)
                      作品を募集
                      ピアノ専攻卒業生がそれを演奏
  4.ノンジャンル   外部ホール予定  ジャズやポップス、録音系を含め奏者は
                      洋楽から邦楽までクラシックではない
                      ジャンルの作品
                      PA等電気設備を利用するものを中心に企画
以上の分類で検討を始めました。
これから順次細目を検討し、出演者や裏方の募集を行う予定です。
各項目に対し良いアイディアがありましたらお知らせください。

以上のような活動を会長以下、ボランティアで続けております。なるべく多くの同窓生のご参加、ご協力を願っております。みなさまのご連絡、ご助力をお待ちしております。

    東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校同窓会会長 野平一郎